Q: 紫外線対策、どうすればいい?

A: 日光を浴びないような工夫をしましょう。

 

尋常性乾癬があると、日光を浴びることで痒みが強くなる場合があります。

ですから、日光を浴びないような工夫が必要です。

例えば、帽子をかぶるといいです。また、ベビーカーに日焼け防止のシェードをつけたり、日傘をつけたりするのもいいでしょう。


日焼け対策として日焼け止めクリームなどがありますが、脱ステロイドや脱保湿をしている子供にはお勧めできません。

というのも、日焼け止めは保湿作用が強いからです。

また、脱ステロイドや脱保湿をしていない子供でも、毎日のように日焼け止めを使用することはよくありません。


なお、日焼けによる発癌を心配される方もいると思いますが、日本人は黄色人種なので急激な日焼けでなければ大丈夫です。

また、海水浴で乾癬がよくなる子供も中にはいます。

ですから、あまり神経質にならず、楽しませてあげるのも大切でしょう。

関連記事

Q: 尋常性乾癬が悪化する季節はあるの?
A: 冬と夏は悪化しやすいです。   冬は乾燥しているので、肌がカサカ...
Q: 紫外線対策、どうすればいい?
A: 日光を浴びないような工夫をしましょう。   尋常性乾癬があると、...
Q: プールは入っても大丈夫?
A: 大丈夫です。   プールというと塩素が入っているので、肌荒れが心...
Q: 漢方薬は効果があるの?
A: あまり効果はないでしょう。   まずは、ある事例から。 脱ステロ...