Q: 尋常性乾癬は怖い病気なの?

A: 尋常性乾癬は怖い病気ではないので、心配する必要はありません。

 

昔乾癬は、多くの子供が2歳ぐらいまでに、大人になればほぼ治る病気でした。

ところが最近は、大人になっても治らない人が増加しています。

そのため、大部分の乾癬を発症している人が、治らないかもしれないと不安がっています。

ところが尋常性乾癬は、必ずしも怖い病気というわけではありません。


"ステロイド依存症皮膚炎を合併したアトピー性皮膚炎"のことです。

つまり、ステロイドの副作用によるアトピー性皮膚炎のことなのです。

ですから発症させないためには、ステロイドを使用しなければいいわけです。

また、10年程前からはプロトピックというステロイドよりもリスクのある免疫抑制剤が使用されています。

この塗り薬も尋常性乾癬を治りにくくしていると言えます。


乾癬は血液中を流れるIgE抗体というタンパク質が原因、と考える人たちがいます。

ところがIgE抗体が陽性の食べ物を完全除去しても、乾癬が良くなったという例はありません。

なぜなら、乾癬の原因が食物アレルギーではないからです。

とはいえ、ごく少数ですが、尋常性乾癬と食物アレルギーを併発している人もいます。


食物アレルギーの場合、かなり激しい症状が現れます。

ですから、どの食べ物が原因であるかは、すぐに分かります。

蕁麻疹やアナフィラキシーショックなどの症状が現れなければ、食べ物を制限する必要はありません。

関連記事

Q: 尋常性乾癬は怖い病気なの?
A: 尋常性乾癬は怖い病気ではないので、心配する必要はありません。 &...